私が伝統とか文化に惹かれる訳。


私は、沖縄宜野湾市で生まれ育ちました。

幼少期は、おばーのお家で遊んでいることが多く、

おばーの家には、サトウキビ畑がありました。

ちょうど、今頃、2〜4月の収穫期になると

家族、親戚、仕事がある人も無い人も、みんな畑に集まったのでした。

私は、お茶を運んだり、お菓子を運んだりする手伝いしかできなかったのですが

サトウキビの綿毛を集めて、ベットをつくって飛び跳ねてみたり

遊びに来た友達に、サトウキビをかじらせてみたり…

一日中いても飽きる事が無く、とてもとても大好きな場所でした。

でも、おじーが亡くなり、手伝える家族がいなくなり

今は、その畑はコンクリートで埋められ、駐車場になっています。

ありのままの自然がどんどんなくなっていくのを

目の当たりにしました。

とても寂しく悲しく思いました。

思い出の場所がなくなってく

心の拠りどころ、帰る場所がなくなってく

今を生きることに精一杯で、大事なものを無くしていっているような…

時代が進めば進むだけ、とにかくお金になることが優先されて、

失ってはいけないことを、見落としてしまってるような

そんな気がして…

まだ、うまく言葉がみつからないです。

上の写真は、24歳ぐらいの頃

東京から帰って来た時に撮った写真です。

その土地に根付いて、自然と人とが生きてる感じに

出会うたび、私の心がジンジンと熱くなります。

お金があってもなくても、続いていられること

続けている人たちに、共鳴します。

「ここで生まれ育った」という誇りを育んでくれるもの

人の生命力を咲かせてくれるもの

それがあれば、きっとどんなことがあっても

どんなところに行っても、生きていこうと思える

そういう物や͡事が伝統というのではないかな

大事にしていきたいですね。

Featured Posts
Recent Posts