モノが人と人をつなぐ。沖縄と東京。涙あり笑いありのアクティブクリエイターズ出展


https://www.facebook.com/ACTIVECREATORS より集合写真頂戴しました。

東京に行ってきました。

1歳の息子同伴の展示会出展でした。

なんだか訳が分からなくなってたくさん泣きました。

でもたくさん笑いました。

メンバーにたくさんたくさん支えられました。

東京へ行く直前に、母に息子をみてもらう予定だったのができなくなって、

悩んで落ち込んで行くのをやめようと思っていました。

いろんな人に迷惑になるのも嫌だったし

息子のことをみるだけできっといっぱいで

何も出来なくてイライラして

慣れない場所で精神的にも体力的にも耐えられるか

正直、自信がなかった…

そのことを、メンバーに相談したら、

「行くだけ行って考えませんか?Okinawa Good Girls Fleaは、ただ商談のために出展するのではなく、女性の新しい働き方を提案するチームでもあると思うのです。 そこに子連れのえりかさんは絶対に必要な人なのです。 だから、行きましょう!」

それで、私は、東京へ行く決心をしました。

無事に展示もできて…

展示2日目。来場の方との意見交換。話をじっくり聞けることが嬉しかったです。

この時、息子は沖縄ガールズスクエアの能塚さんと外で遊んでいました。

体調や機嫌が悪くならないかと心配していた息子が

ずっとテンションが高くて、いろんな人と関わるのが楽しいみたいで

元気に過ごしている姿をみて、疲れがふっとんで、私もがんばろうと思いました。

東京でいろんな人やモノをみて、考えさせられました。

東京は、いろんなモノや人で溢れて、流れが早く

自分の存在がちっぽけに思えてしまう。

いろんなモノや人がいるから洗練されるセンスもあるけれど…

自分に自信がなくなり葛藤して頭がパンクしそうになりました。

それでも、やっぱり私の中にあるのは、沖縄で生まれ育ち

守られた柔らかい感性。小さなプライド(誇り)

人の流れも、人の目も気にせず

いちいち立ち止まって、

きれいな木々や景色をみて

優しいもの、暖かいものを感じていたい。

そんなことを失いたくないなぁと思うのでした。

私の作品にはそういう想いを込めています。

StudioKuroberikaの作品が

柔らかい感性の人と人を繋げていけたら素敵だな。

と思いました。

だけど、沖縄も、次第に変化しています。

自立という名の下、自然は破壊され、コンクリートで埋められていきます。

一度走り出したら簡単には取り戻せない。

沖縄にも大事なことを見失わないように

これからも作品をつくり、発信することで

その先にいる誰かの柔らかな感性を守りたい。

使命感を持って、想いが届くように、これからも励んでいきたいです。

もう誰に何を感謝していいか分からないほど

たくさんお世話になりました。

素晴らしい機会をありがとうございました。


Featured Posts
Recent Posts